ソファー処分方法 費用

ソファー処分方法

 

ソファー処分方法の紹介

 

引っ越しなどで使わなくなったり、不用になったソファーを処分する場合に、どのように処分したらいいのか困ります。

 

何といっても大きいし、重いので運ぶのも大変です。

 

ソファーを急いで処分したい場合は、信頼できる不用品回収業者に依頼して処分すると都合のいい日に処分できます。

 

 

ソファーの種類には1人掛け、2人掛け、3人掛けソファーがあり、サイズ、型や重さもさまざまです。

 

不用になったソファーを処分するための方法や費用を調べる方法を紹介します。

 

スポンサー リンク

 

 

@リサイクルショップで買い取ってもらう

 

比較的新しいのであれば、近所のリサイクルショップで買取してもらうことも考えてみましょう。

 

それでも自分の思ったような金額で、買い取ってくれない場合がほとんどです。

 

例え買取金額がつかなかったとしても、引き取ってくれるなら運び出しの手間や費用も掛からないのですから、それでもいいと思うくらいでいればショックも少ないと思います。

 

 

 

リサイクルショップでは、ソファーを買取りも引取りもしてくれない場合は、不用品回収業者に依頼するか、自治体の粗大ごみで収集できるかも調べてみる。

 

Aソファーの処分を不用品回収業者に依頼する

 

ソファーの運び出しを手伝ってくれる人がいない場合には、やはり不用品回収業者に依頼するのが一番早くて簡単な処分方法だと思います。

 

新しいソファーなら買取してくれるかもしれませんし、ソファー処分の運び出しも、すべて業者の方が行ってくれます。

 

ソファー処分を業者に頼めば簡単ですが、どのくらい費用が掛かるのかも心配ですね。

 

 

そういった場合のソファーを処分する方法や、費用などについて紹介します。

 

ソファー処分の場合
信頼と実績のあるこちらの

 

 

ソファー処分の見積もりをしてから、回収依頼をすると安心して処分できます。

 

 

それでもソファー処分費用が高いと思ったら、自治体のごみとして出す方法を調べる。

B粗大ごみでソファー処分できるの?

ゴミとして処分する場合はソファーは何ごみなのでしょう。

 

ソファーは大きなゴミなので、ごみ収集の場合、燃えないごみ(不燃ごみ)や燃えるごみ(可燃ごみ)の、粗大ごみ(大型ごみ)として回収してもらえるかもしれません。

 

自治体で粗大ごみとして収集してもらえるなら、業者にソファー処分を依頼する費用に比べれば安く処分できます。

 

お住まいの地域の家庭ごみについて調べてから、ソファーを処分しましょう。

家庭ごみの出し方
家庭ごみについては
家庭ごみの捨て方で調べてください。

 

しかし粗大ごみに出すにしても、家の外までソファーを自分で運び出さないといけないという問題があります。

 

ソファーを外まで運び出すとなると、重いので誰かに手伝ってもらわなければ、運び出せないでしょう。

 

無理をして重いソファーを運び出して、腰でも痛めたりしたら大変なことになってしまいます。

 

そういった運び出しのことまで考えてから、自治体へ収集依頼をしてください。

 

 

不用品回収業者に依頼する

その他にも処分したいものがある場合、不用品処分業者ならソファーに限らずどんなものでも回収してくれます。
学習机、プリンター、パソコン、冷蔵庫、洗濯機、エアコン、金庫、テレビなども回収してくれますので、まずは見積もりをしてから考えましょう。

 

 

 

【まとめ】

  • 新しいソファーならリサイクルショップで買い取ってもらう。
  • 面倒ならソファーの処分を不用品回収業者に依頼するのが簡単。
  • 自治体の粗大ごみでソファー処分できれば安く済む。
  •  

    スポンサー リンク

     

    更新履歴